お盆の時に体験したこと

こちらのお盆のお墓参り

私が、義母と同居していた頃のお盆のことでした。

我が家は、仏教で曹洞宗です。

お盆になると、8月13日にお墓参りに行ってご先祖様をお

迎えに行きます。

ご先祖さまには家でゆっくりしてもらって、16日にまたお

墓参りに行ってご先祖様をお送りします。

             f:id:shiroppemaroni:20170814000202p:plain

我が家のお墓

たぶん、今から20年くらい前のことだったと思います。

我が家のお墓は、自宅の近くにありますが、先の戦争で亡

くなった人が3人おり、その方々のお墓は我が家のお墓で

はなく、菩提寺にあります。

だから、お墓参りは我が家のお墓とお寺と両方お参りをし

ます。

だいたいいつも、先に我が家のお墓参りに行き、その後に

お寺のお墓をお参りをします。

 

 

 

 

 

義母の後ろに・・・

当時、私は義母とお墓参りをしていました。

義母は、我が家のお墓参りが終わると、お寺は自分だけが

行くから私にはいかなくていいというので、帰りました。

当時は、私は霊感を感じるようになっていました。

帰宅してきた義母の後ろに大きい耳が付いた足の短いアヒ

ルのようなものが、6体縦に並んでいました。

義母が歩くと、一列に等間隔に並んで義母と一緒に、くっ

ついていきます。

義母が、止まっているときはそれぞれの好みの場所で、義

母の近くにいます。

色は、白と黒の中間くらいのグレーと限りなく黒に近いグレーとの間のグレーのが6体です。

でも、見ていてもこちらに悪さをする感じではないので

黙って見ていました。

義母に言っても信じないだろうから、言わないでいました。

私以外は誰も見えないようでした。

 

 

 

 

 

そして義母の後ろには誰もいない・・・

そのうち、ご先祖様にお帰りいただく16日になりました。

16日にもまた、お墓参りに行きました。

その時も、私は我が家の墓だけにお参りをして帰りまし

た。

私が、帰宅して30分後に義母が帰ってきました。

義母の後ろには、誰もいませんでした。

ああいうことは、あの年だけでその後は一度もありません

でした。

でも、あのことで思ったのが、お盆にはご先祖様がいらっ

しゃるというのは、本当なんだなあ、と思いました。

 

 

 

 

 

 

かわいいご先祖様だったけれど、あんまり高い所に行って

いる感じではなかったので、我が家のご先祖さまには高い

所にいらっしゃる方はいないのか、高い所のご先祖様はあ

んな汚い所に行きたくないと思って、いらっしゃらなかっ

たのかわかりませんが……

          

アーミッシュの人々

アメリカに珍しい人々がいる

私が若い頃に何かの本で、アメリカには19世紀の暮らしと

同じ生活をしている人々がいるというのを、読んだことが

あります。

その本には、文字だけで写真はありませんでした。

その時は、漠然と「へーっ、でも、若い人は外の世界を

知ったら出ていくんじゃないかな」と、思っていました。

 

f:id:shiroppemaroni:20180814222654j:plain

 

偶然その人々のことを知った

それが、今日偶然ですが、ネットでやり取りしている人に

そのことを書き込みをしたら、アーミッシュの事ではあり

ませんか。と返事をもらい、アーミッシュの事を紹介した

サイトを教えてもらいました。

見て驚きました。

大草原の小さな家」そのものです。

この人たちは、アメリカやカナダに約20万人いるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

アーミッシュの人々の生活

ドイツ系の移民を主とした宗教集団だそうです。

彼らはキリスト教徒で、聖書に忠実な考え方で生活をし、

移民当時の生活様式を守ることを主義とし、昔ながらの生

活をしているのだそうです。

農耕や牧畜によって自給自足の生活をしているそうです。

女性はワンピース、男性はシャツにズボンという服装だそ

うです。

移動も車はなく、馬車や自転車だそうです。

電気はほとんど使わないそうです。

電話もないそうです。

 

 

 

 

 

アーミッシュの人々の生活2

アーミッシュの規律は宗派によって異なり、宗派によってはガスの使用も禁じているところもあるそうです。

食事は自給自足だそうです。

馬に農工具をひかせ、全員で農作業を行います。

大人も子供も全員で仕事をします。

互いに支えあい、密接な関係を築いています。

スポーツやお祭りなど様々なイベントに興じます。

昔は、日本でもこういう風にいろんなイベントをして、お

互いに親睦を図っていたと思いますが、今の若い人はこう

いうことを嫌いますね。

 

 

 

 

 

 

アーミッシュの人々の生活3

基本自給自足ですが、ごくたまにはスーパーに行くことも

あるようです。

現金収入は、キルトや雑貨を販売しているそうです。

アーミッシュの集落の近くに、取れたての新鮮な野菜や果

物を使ったお料理を提供するレストランもあるそうです。

家もお互いに協力し合って、作るそうです。

冷蔵庫やオーブンがある家もあるようですが電気製品も必

要最低限のようです。

宗派によっては完全に排除する人もいるようです。

子供たちの教育も、コミュニティの中だけで行われている

そうです。

 

 

 

 

 

アーミッシュの人々の凄い所

ここまで書くときになることがありますよね。

そう、子どもたちが外の世界を知ったらどうするのかっ

て……

私もそう思ったのですが、ここがアーミッシュのすごい所

です。

16歳になると、「ラムスプリンガ」と呼ばれる自由の時間

を与えられるのだそうです。

そこで、彼らは親元を離れて自分で生活をするのだそうで

す。

その時に都会に出たり、お酒やたばこ、人によってはド

ラッグなど様々な体験をするそうです。

そして、成人を前にアーミッシュに戻るか、俗性に残るか

自分で決めることができるそうです。

意外なことにほとんどの人が、アーミッシュに戻るそうで

す。

 

 

 

 

私は、アーミッシュとは何の関係もないのだけれど、ほと

んどの人が戻るというのを読んで、ホッとしました。

今の時代でこういう生活を維持するというのは、大変だし

難しいと思いますができるだけ続けて行ってもらいたい

ものです。

 

翁長沖縄知事が亡くなった

突然、翁長氏が亡くなった

沖縄の翁長知事が亡くなりました。

翁長知事、ドクターストップかかっていたといいます。

骨と皮だけの様な膵臓を全摘出した人、インスリン注射を

しながらの人を、選挙に当選したとしても4年間知事とし

て仕事をまっとうにできるのでしょうか。

以前から、知事選まで生きていけるのかとさえ言われてい

たようですが、本人はともかく周囲の人たちは引き止める

人がいなかったのでしょうか。

 

          f:id:shiroppemaroni:20171025211709p:plain

翁長知事の代わりの人はいなかった?

正直、ある時期から骨と皮だけのような状態だけれど、又

選挙に出るというからこんなひどい状態だとは思いません

でした。

亡くなったと知った時、やっぱり相当悪かったんだと思い

ました。

私は、左翼の人たちの考え方は理解できませんが、左翼の

人たちはまだまだたくさんいらっしゃるようですが、翁長

知事の代わりの人はいなかったんでしょうか。

沖縄には、沢山の人たちが反対運動に駆け付けている人達

もいるようですから、しかも中国韓国からも来ているらし

く、法律違反ではないのでしょうか?

私の中では、謎なのですが……

 

 

 

 

 

 

沖縄左翼の人たちの行動

私の知っている範囲ですが、書いてみたいと思います。 

 〇沖縄の高江や辺野古での抗議活動は、活動家によるも  

のですが、多くは県外から参加しており関西の過激派の

支援が入っていたり、上にも書きましたが中国韓国からも

しており、昔からの住人で反対しているのは、数人だそう

です。

活動家以外の労組からの参加者は、強制的に参加させられて

おり、交通費や手当もつくそうです。

 

 

 

 

 

沖縄の抗議活動になぜ外国人?

 〇それにしても、外国からきて政治活動はできるので  しょうか?

私は、いけないと聞いていますが……

堂々とハングル語が飛び交っているそうですが……

それにしても、中国人はわかるけれど、なんで韓国人がわ

ざわざ日本に来て、沖縄の辺野古反対……て、何だか

なぁ……

 

 

 

 

 

その他にもある

 〇しかも沖縄の地元の人たちが普段使っている生活道路

に来て、勝手に通行止めをして検問をし、時には救急車を

止めたりもするそうです。

こんなことを本当に許されるんでしょうかねぇ……

 〇他にも、地元の警察の人が取り締まると,警察の人の

自宅を調べ上げ、自宅へとか家族への嫌がらせがひど

て、そのために大阪の機動隊が沖縄まで応援に行ったと

いう話も聞いたことがあります。

左翼の人たちが日頃よく使う、愛とか平和はどこに行った

のでしょう。

 

 

 

平和のためなら何をしてもいい?

 

 

 

 

 

 

アベノミクスを考えてみた

アベノミクスの説明をしている記事を見つけた

最近、アベノミクスの事をわかりやすく説明している記事

がネットにあったので、それを読んで笑っちゃっいまし

私は、経済の事はあまり詳しくありませんが、よくわから

ないまま調べた結果、沢山の人が沢山の買い物をすれば、

経済に活気が出るようです。

あまり買い物せずに、ため込んでいる人が増えると、経済

がうまく回らないということはわかりました。

 

           f:id:shiroppemaroni:20180809231011p:plain

 

アベノミクスは、錯覚させる事

ネットにあった記事の内容は、アベノミクスというのは、

国民に景気がいいんだよーと、錯覚させて買い物をさせる

ようにすることなのだそうです。

私の子供の一人が、株をやっているのでそのことを聞いて

みました。

「まあ、そんなもんだよ」だそうです。

 

 

 

 

 

錯覚させるわけ

子供が言うには、「高度経済成長の時のように、はっきり

と右肩上がりの時は、国民は景気が良いということを実感

できるけれど、高度経済成長が過ぎてしまった今は、なか

なか景気がいいという実感は持てないから、そういう方法

もいいんじゃないかと思う」と、言っとりました。

 

 

 

 

 

 

高度経済成長期

確かに、高度経済成長ど真ん中にいた私たちの世代は、こ

のままずーっと右肩上がりだと信じて疑わなかったですよ

ね。

ごく一部の人で、現実をわかっていた人もいたかもしれま

せんが、ほとんどの人はこれから先はもっともっと良くな

ると思っていました。

だから、将来の心配もせずにローンを組みましたよね。

バブルが始まる少し前は、景気がいいんだけど、何か世の

中全体が浮ついていて、こんなにふわふわしていていいの

な……と、不安になることがありました。

 

 

 

 

 

騙された人が増えたから景気が良くなった?

あの頃ほどは無理だとしても、将来の漠然とした不安を取

り除くだけでも、人は買い物をするようになるといいま

す。

なかなか方法はないので、錯覚させるのだそうです。

納得しました。

騙されてもいいんじゃねぇ、というか大分日本国民も騙さ

れている人が増えたから、以前より景気が良くなっている

気がします。

大企業だけがよくて、中小企業はまだ苦しんでいる、とい

う人もいますが、景気なんて今日対策したから明日には結

果が出るというものではありません。

年数がかかります。

 

 

 

本当かどうかわからない説ですが、書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

迷惑メールが来ちゃった

迷惑メールがやってきた

迷惑メールが息子の所に来ました。

その事で、数年前に私のところに来た迷惑メールを思い出

しました。

今は、スマホにしていますが、当時はガラ携でした。

 

                f:id:shiroppemaroni:20180807223537p:plain

 

迷惑メール1号

ある時突然、ヨーロッパで事業をして儲かりすぎたので、

税金対策もあるのであなたは特別に選ばれた人なので、受

け取ってほしいと……金額は5億3千万円だったと思いま

す。

そして、私に高額なお金をプレゼントをしてくれるという

人の写真が、髪の長いとってもきれいなお姉さんです。

それを見て私は、こんな大金余ったからって顔も知らない

どこの誰かもわからない人間に税金対策とはいえ、お金を

渡す馬鹿はいない、と思いました。

しかも、顔なんか出して危ない、と思いました。

いくらおバカな私でも、すぐに迷惑メールだとわかりまし

た。

 

 

 

 

 

 

おバカ発動

子供に見せたら、やっぱり迷惑メールだそうです。

消して、アドレスを変えようかといってくれました。

でも、ここは私です、おバカ発動です。

この後は、どんな迷惑メールが来るのか気になってきまし

た。

 

 

 

 

 

 

金額がどんどん下がる

もう年数がたっているので、私にくれるお金の内容は忘れ

たのですが、次の金額が下がって2億5千万くらいになっ

ていました。

その次は、1億何千万だったと思います。

その次は、孫が引きこもりで困っているから、孫の話し相

手になってやってほしい、というものでした。

つまり、孫とメールのやり取りをしてやってほしいという

ことでした。

それは、何百万だったと思います。

その後もどんどんきました。

今にして思えば、記録に取っておけばよかったと思ってい

ます。

メールが来るたびに理由が違い、金額は下がってきました。

 

 

 

 

 

飽きてきた私

そのうち、私も飽きてきました。

だから、子どもになんとかしてほしいと頼みました。

子どもは迷惑メールとして届けても、相手はアドレスを変

えてまた送ってきました。

それから、そういうことが続いて子どもが他の方法で止め

させてくれました。

どんな方法だったかすっかり忘れてしまいましたが……

 

 

 

 

 

 

最後の迷惑メール

最後に来たのは、「あなたは、60万円当選しました」と

花火を打ち上げた絵を送ってきました。

私の感想 「ああ、5億3千万がとうとう60万になっちゃった」

子供に「こんなバカなメールに引っかかる人がいるの?」

と聞いたら、ごくまれに引っかかる人がいるから、こん

なことをやってくるんだそうです。

 

 

 

でも、けっこうおもしろい体験でした。

 

 

 

 

 

今噂の同性カップルの件を考えてみる

杉田水脈議員、批判されている

最近、自民党議員の杉田水脈議員の月刊誌に寄稿し

同性カップルは、子どもをつくらないから、生産性がな

いという件ですが、今野党から批判を浴びているといいま

す。

いや、野党だけでなく、マスコミからもです。

        f:id:shiroppemaroni:20180804213351p:plain

杉田水脈議員は、少数野党出身

杉田水脈議員は、今までは、少数野党にいて今回のように

与党に所属するのは、初めてでした。

有本香氏は、今の自民党の状態を考えたら、ああいうこと

を言うというのはどういうことになるのかということをも

う少し考えるべきだと、いうようなことを言っていまし

た。

 

 

 

 

 

 

杉田氏は、日本のために頑張ってきた人

杉田水脈議員は、私もブログを書くようになって中国韓国

の事を調べるようになって知ったのですが、日本のために

頑張ってきた人です。

以前は、日本のこころを大切にする党にいました。

私が知っている杉田氏は、韓国の主張する慰安婦の強制連

行は嘘だ、ということをなでしこアクションの山本優美子

氏と、国連に訴えに行ったという人だということと、他に

も色々と日本のために活動をしてきた人です。

杉田氏の事を知っている人に言わせると、今までも結構過

激なことを言ってきた人だといいます。

 

 

 

 

 

自民党の議員になるということ

こうやってみると、ただの活動家とか、少数野党の議員だ

と同じことを言っていても取り上げられないことでも、自

民党の議員だとすぐに上げ足をとられるんですね。

そういう風に考えると、自民党の議員を引き受けるという

ことは相当気を付けなければいけないのですね。

いう内容もそうだし、言い方、言葉遣いなどもそうですね。

野党が虎視眈々と、上げ足をとることに目を光らせていま

す。

よく麻生財務大臣も、上げ足をとられていますよね。

その点、安倍首相はあまりそういう事がないこともあっ

て、モリカケ問題くらいしか突っ込むことがなくて、1年

半もの間粘っていたのでしょうね。

 

 

 

 

 

ある同性カップルの話

ところで、杉田氏の同性カップルは生産性がないという件

ですが、寄稿の内容全体を読んでいないとので、はっき

りと私の意見は書けませんが、先日2チャンネルのまとめ

に面白い話が載っていました。

投稿者の姉が同性婚をしたのだそうです。

そのうちに、姉が子供が欲しいというので、人工授精をし

て妊娠したそうです。

それを見て、同精婚をした相手も私も欲しいといって、同

じように人工授精をして妊娠をしたそうです。

この時代、生産性がないとも言い切れないのかもしれませ

んね。

 

 

 

個人的には、同性カップルがあってもいいんじゃないかと

思っています。

 

            

意外な人の一面

まじめで優しい人も?の時がある

最近思うのは、私はまじめで優しいと思っている人って、

時々?になる時があります。

今日の記事は、気に入らない人がいるかもしれません。

納得できなかったり、気分が悪かったりしたら、途中でも

やめてください。

           f:id:shiroppemaroni:20171114174500p:plain

Sさんの意外な一面

私は、近所のSさんが大好きです。

彼女は、とっても気づかいができるし、優しい人です。

去年あたりから、偶然彼女のスマホと私のスマホがライン

でつながるようになってきました。

それから、時々彼女とやり取りするようになりました。

そのやり取りをするようになってから気がついたのです

が、彼女は必ず最後が自分でなければ気がすまないという

ことです。

私も返事をもらったからと思って返していたら、いつま

でたっても終わらないのです。

そういうことを繰り返すうちに、「ああ、この人は自分が

最後でなければ気がすまないんだ」と、気が付き適当なと

ころで止めることにしました。

 

 

 

 

 

 

Aさんの場合

また、別の人ですが、4人の仲間がいてそのうちの一人にお祝いをあげるという言ことになったのですが、その中の

一番年長のAさんがだいたいいつも仕切っていたのですが、あげたいタイミングがAさんと私は違っていました。

私は、Aさんと違うタイミングがいいと思っていたけれ

ど、いつもAさんが決めていたから反対もせず合わせてい

たのだけれど、どうもばれていたようで私にいつのタイミ

ングがいいか聞いてきました。

私は、聞かれたから正直に「」もうちょっと後の方が良

い」と言いました。

それに対してAさんは、「私は今が良いの!」と強く言い

した。

内心、「だったら聞くなよ」と思いましたが、私はそう

思っているけれど,Aさんに合わせるよといいました。

 

 

 

 

 

Aさんはまじめで几帳面な人

Aさんはまじめで几帳面な人です。

そういう人というのは、マイルールが強いので決め事は、

自分の思い通りにしないと気に入らないのです。

本人は、いつも自分は人に会わせているそんな人と思って

いるようですが、私から見るとマイルールになってくる

と、なかなかなものですよ。

 

 

 

 

 

Aさん自身も気がつかない意外な面

Aさんに言わせると、旦那さんはその時その時の気分で私

を振り回し、私は大変だったとよく言いますが、端から見

ていると旦那様が酒に酔っぱらって大きな声を出したり、

羽目を外したりすると、必死に旦那様を押さえつけていま

す。

旦那様と同類にみられるのが、嫌なのだと思います。

そういうときのAさんもなかなかのものです。

 

 

 

自分じゃぁ、ちゃんとしているつもりでも、端から見ると

なかなかの嫌な奴になっていたりするから、気を付けよう

と思いました。