新聞の読み比べをした

毎日新聞勧誘に来る

8年前だったと思います。

毎日新聞が勧誘に来ました。

断りましたが、半年で良いからとかかなり粘るので、考えさせてほしいと言って帰ってもらいました。

夫が帰ってきたので、その話をしたらそんなのは断ってしまえと一刀両断でした。

だから、その後毎日新聞でまた勧誘に来たので、夫の所に行ってもらいました。

夫見事に撃退どころか、契約をしていました。

私の夫はその程度の奴です。

              f:id:shiroppemaroni:20171020234518p:plain

両方の新聞を購読くし、読み比べをする

まあ、その頃は新聞の読み比べというものもしてみたかったので、毎日新聞の方で朝日新聞との二重契約なら、今回は先延ばしでもいいですと言ってくれましたが、半年間だけだったのでそのままにしました。

あの頃は、まだ私も新聞を読んでいたのです。

朝日新聞は、記事の見出しが面白く読みたいと思わせるし、レイアウトに変化があって好きでした。

それに対して、毎日新聞は見出しがいま一でレイアウトもワンパターンで面白みがないと、私としては何だかなぁ……という感じでした。

毎日新聞は、特ダネが多いということでしたが、こんなことを書くと新聞記者の人には申し訳ないのですが、一読者にとっては一日か数時間の違いって(新聞で特ダネでもテレビは時間差で報道)あまりたいしたことないんです。

 

 

 

尖閣諸島で事件

そんなこんなでブツブツ言いながら新聞を読んでいたら、尖閣諸島中国漁船衝突事件が起きたのです。

その時の両紙の紙面が面白かったです。

報道が出るたびに、朝日新聞は政府の対応の反対派2に対して必ず1を入れる記事なのです。

 

 

 

大人の対応をしろと毎日新聞

ところが毎日新聞は、一面にでかでかとえらい先生の反対意見を掲載するのです。

そして、あんたはどこの国の新聞だと言いたくなるほど、日本を責めるのです。

今でも印象に残っているのが、日本の田中首相と中国の周首相との話し合いで周首相が「尖閣諸島の事は先送りにする」という話し合いになったということが、偉い先生に言わせると、大人の対応だそうです。

そして、今の日本はこんなちっぽけなことにがたがた言う情けない国だそうで、もっと大人の対応をすべきだというのです。

よく、大人の対応をすべきとかいう人の大人の対応って、日本に黙っていろって言いたいときに使いますよね。

じゃあ、なんで日本にだけ大人の対応を求めて、相手国に大人の対応を求めないのでしょうか?

私の思う大人の対応というのは、言うべき時に言い、行動すべき時に行動するのが大人の対応だと思うのですがね……

朝日新聞は、もともと反日だと世間から言われているので、それをかわす目的で2対1なんでしょう。

毎日新聞は、朝日新聞ほど言われないのでその辺は、正直です。

 

 

どちらにしても、あの時はっきりとどちらも反日新聞だということは、よくわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民主党時代を思い出した

リベラルの人としっかり話しました

昨日初めてリベラルの人としっかりと話しました。

たまたまそういう話をする機会があったので、思い切って言ってみました。

若いときはためらったことも、年をとると後わずかな人生だと思うと人にどう思われようと知ったこっちゃない、と開き直れるからそういう面では年をとると楽です。

 

 

 

単刀直入に聞いてみました

開き直った婆は、聞いてみました。

日本の周囲の国は、韓国以外は全部共産主義だけど、韓国も今は左派の大統領だからかなり左寄りで、北朝鮮の味方のところもあるよ。と……言ってみました。

そして「戦わないでいると占領される可能性があるよ、それでも良いの?」しばらく間をおいてから、彼女は良いと言いました

そこまで言ってもいいんじゃしょうがないので、話題を切り替えました。

            f:id:shiroppemaroni:20170831210129p:plain

日本を占領されてもいい?

数年前に、有名な経済学者が日本はどんな状態でも戦わず、占領されたらそれはそれでいいじゃありませんか。

昔、ここに日本という国があったと言われればそれでいいじゃありませんか。

と言っていました。

有名なお笑い芸人も同じことを言っていました。

私は、それを聞いたり読んだりしたときに、昔の私なら同じようなことをを言っていたかもしれませんが、今は嫌です。

次男に昨日リベラルの人と話したことを話したら、「戦って占領されて奴隷にならざるを得ないのなら納得するけれど、戦いもせず奴隷になるのは嫌だ。」と言っていました。

私も100%次男に賛成です。

 

 

 

立憲民主党の役員と菅政権の内閣とほぼ同じメンバー

事のついでに書きますが、立憲民主党をおしている方がいたらごめんなさい。

立憲民主党の役員の顔ぶれが、菅直人元首相の内閣の時の顔ぶれとほぼ同じです。

以前から立憲民主党の人たちって、民主党時代の内閣の人が沢山いる、と思っていたら今回役員を発表したのを見たら、ほぼ民主党時代そのものです。

はっきり言わせてもらうけれど、嫌です。

 

 

 

 

自民党になったら日本が落ち着いた

あの民主党時代のモヤモヤ感、何となく世の中が不安定な感じで、この先日本はどうなるんだろうと、不安が押し寄せてくるような……それなのに、日本の国民は何にも変わっていないのに、自民党になったら不安感がだんだん薄らいできたのをよく覚えています。

若い頃、日本はだれが首相になっても変わらないから、選挙に言っても何にも変わらない、だから選挙なんていかなくてもいいや、という雰囲気でいっぱいでした。

でも、あの時こんなに政党で変わるんだぁと実感しました。

 

 

 

自衛隊の情報が駄々洩れ

後で知ったのですが、民主党時代は自衛隊の情報が、中国韓国に駄々洩れだったそうです。

本当かどうかわかりませんが、中国が想像していたより自衛隊が強いことが分かったので、民主党時代に日本を襲う予定だったのを止めたそうです。

でも、あの頃ですよね、尖閣諸島中国漁船衝突事件があったのは、そして、そのビデオも公表しようとしなかったのも民主党政権ですよ。

 

 

やっぱり思いだしても怖いわぁ……(*´ω`)

 

何気ない日常と自然

久しぶりの晴れ

今日は、長く続いた雨の後の久しぶりの晴れでした。

嬉しいです!

朝早くからたまっていた洗濯物をせっせと外に干しました。

超気持ちいいです。

そして、午前中で洗濯物の第一弾が乾いていたのでしまって、第二弾目の洗濯物を干しました。

だって明日もまた雨が降るそうです。

お天気の神様は、どんなに悲しいことがあったのでしょう。

涙が枯れないようです。

今日のうちに干せるだけ干したいので、午後でしたが干しました。

乾かなくても、風に当ててあるだけで室内に干しておけば明日の朝には、乾いているのです。

            f:id:shiroppemaroni:20171018215429p:plain

魚市

昨日は、雨の中夫は魚市に花と野菜を売りに行きました。

こんな日じゃ、お客さんも来ないだろうなぁと思っていたら、やっぱり悲惨な売上げ金額でした。

でも、夫が買ってきた魚が新鮮で、こんな新鮮な魚はめったにお目にかかれないと刺身にして食べました。

 

 

 

新鮮な魚

魚が沢山あっので、昨日のうちに下処理が全部できなかったので、今日残りのワタを取り、食べやすいように切って、冷凍するつもりでしたが、あまりに新鮮なので今日も魚を食べることにしました。

ワタを取って骨も少なかったので、骨をとってフライにしました。

普段新鮮な野菜は手に入るけれど、新鮮な魚は手に入りません。

昨日の刺身もおいしかったし、今日のフライもおいしかったです。

 

 

 

自然にはかなわない

今日は、なんでそんなに普通の生活を書いているのか?って思われると思いますが、今日の洗濯ものは、乾燥機があるから乾くでしょう(我が家には乾燥機はありません)と言われそうですが、私が古い人間だからでしょうか、やっぱりお日様で乾かすのが一番好きなんです。

仕事柄いいお天気が続くと水やりが大変です。

必死になって水をやり続けても、雨がザーッと一降りするだけであの乾きが一気に解消されると、自然にはかなわないなぁ!!と思います。

魚も新鮮で美味しかったです。

 

 

改めてこの今ある自然を大切にしていきたいと思いました。

そして、何気ないこの日常の生活を大事にしたいと思います。( ^)o(^ )

 

 

 

 

小林よしのり氏は変わった?

昔は保守だった

小林よしのり氏が立憲民主党の応援を頑張っています。

あの人は、昔は本当の保守だったと思うんですけど、どこからあんな風になったんでしょう?と色んな人に言われています。

私もそう思います。

 

 

 

長男の部屋で「ゴーマニズム宣言」を知る

民主党が政権をとるときの選挙の頃だったと思いますが、私は長男の部屋にあった小林よしのり氏の「ゴーマニズム宣言」という本を知り、読みました。

私が知っている氏は、「お坊ちゃまくん」という子供に人気のある漫画家でした。

まさかそんな難しい本を出しているとは知りませんでした。

氏はもっと前からそういう本をたくさん出版をしていたようです。

その本の中には、戦争というものは残酷なものだ、日本軍だけが特別残酷で悪いことをしたわけでなく、戦争とは世界中そういうものなのだから、戦争はしてはいけないものだと書いてありました。

はっきりは覚えていないのですが、だいたいそんなことを書いてあったと思います。

まだ、リベラル色がまだまだ強いときに勇気あるなぁ……と反面感心したものです。

その言葉で、私の中にあった重いものが取れて、とっても軽くなったことを覚えています。

               f:id:shiroppemaroni:20170815205953p:plain

日本軍だけが悪かったわけではない

それまでの私は、日本軍はまれにみる残虐な方法で人を殺してきて、慰安婦も強制連行をして、世界中に迷惑をかけてきた、だから、日本は九条で戦争放棄をするのは当然、というようなことを教わりその通りだと思っていました。

だから、何となく戦争の事になると、よくわからないままよく調べもしないままそういうことを避けてきていたと思います。

えっ、えっ、日本軍だけが冷酷非道だったわけではないの?

戦争そのものがそういうものなんだ、そりゃしてはいけないよなぁ……とその時素直にそう思いました。

その時から、戦争という私の中のキーワードから、禁止という文字が消えたような気がします。

 

 

 

小林氏の影響で多くの若者が保守になった

今まで、戦争という言葉を聞いたり、読んだりすると避けていたのが、避けなくなり、自分なりに聞いたり読んだりするようになりました。

あの時のあの小林氏の言葉の影響で、多くの若者が保守になったということはよく言われています。

私も保守になる下地を、氏からもらったと思います。

 

 

 

小林氏今でも保守だそうです

だから、小林よしのり氏が枝野氏の応援演説に行って、「立憲民主党は保守で、わしは今でも保守を応援している。安倍総理は保守ではない。」と言っているのを知って、すっごい違和感があるのです。

 

 

いろんなサイトでも、多くの人が小林よしのりは変わってしまった、どうしてあんなふうになったのか……と言われていますが、小林氏本人は変わっていないつもりなんだろうなぁ……( ;´Д`)

 

 

防衛を考えてみる

自国の防衛を他国頼みってどうなの?

昨日書き足りなかったことを書きたいと思います。

リベラルの人たちが言うのが、日本が攻められたら他の国が黙っていない、とかいうのを読んだことがあります。

それはそういう事もあるかもしれませんが、自国の防衛をはじめっから他国をあてにしているようでは、不安です。

 

              f:id:shiroppemaroni:20171016213714p:plain  

他国の戦争に巻き込まれたくないのは同じ

数日前に読んだのですが、米国人が、もういい加減日本は自国で自国を守るようにしてほしい、自分たちは他国のために戦いたくないというようなことを言っていたというのを読んだことがあります。

そりゃそうでしょうね。

私も、左だったときは、米国の都合で日本が戦争に巻き込まれるのは嫌だと思っていたのですが、米国にしてみれば、米国も日本のために戦争に巻き込まれるのは嫌だと思うのは当然ですよね。

最低自国民のためなら納得しますけど……

 

 

 

左の人は他国に占領をされたとは考えたがらない

リベラルの人が、他国に日本を占領されたらとは言わないのは、九条があれば戦争を仕掛けられないと思っているから、もしかしたら他国に占領をされたらなどということを考えてはいけないと思っているのかもしれません。

これは、私の想像ですけどね。

 

 

 

戦争をしなくても占領ができる

ドンパチの戦争をしなくても自国を占領されることもあるんですよね。

ロシアがやっていましたよね。

年数をかけて、移住をして混血を増やして国を乗っ取る方法です。

中国もチベットウイグル自治区もそうです。

もう純粋なチベット人が、いなくなるのではないかと言われています。

中国人、韓国人は、我々日本人と外見は区別がつきにくいです。

そして、日本では年々中国人韓国人が増えています。

 

 

 

冷静に世界の現実を見てほしい

話はちょっとそれますが、今北朝鮮に目がいっている間に、中国が世界のジーレーン確保を狙っているのと、宇宙開発も進めているようです。

そういう事も含めて、九条があれば大丈夫、九条をノーベル賞になどと言っていないで、もっと現実の世界を冷静に見てもらいたいものです。

 

 

立憲民進党が伸びて、希望の党が伸び悩んでいるそうですが、私の曇った眼はマスコミの言うことを鵜呑みにしていいのか……と疑っています。

どだいあの数字を信じていいのかどうか……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選挙中に考えてみた

戦後教育が行き届いた結果

私たちの世代は、戦争とか軍隊とか自衛隊という言葉を異常に嫌う気がします。

日本が軍隊を持ったら、即戦争をして世界中に迷惑をかけると、思っている気がします。

戦後教育が行き届いた結果なんでしょう。

 

 

 

公明党をよろしく」と頼みに来た人

1週間前に「公明党をよろしく」と頼みに来た近所の人は、70代から80代位だと思います。

当然のように安保法案にブレーキをかけたのは、公明党ですからと言いつつ、北朝鮮のミサイルの挑発にはちゃんと対応しますからと言っていました。

内心それって矛盾するんじゃないの?と思いましたが、北朝鮮の挑発に対応するってどんな対応かはわかりませんが……

そこで突っ込んでもいいんだけれど、近所といってもあいさつする程度の年上の人と、政治の話であれこれと議論するのもなぁ……と、考えてやめてしまいました。

            f:id:shiroppemaroni:20170819221945p:plain

今の日本が置かれている状況

その近所の人は、安保法案反対は当然というような口ぶりでした。

たぶん、その人の周囲は反対なのでしょう。

今の日本が置かれている状況だと、いつ攻撃されてもおかしくない状況だと思いますが、あまり気にしている感じがしないのですが……

北朝鮮だけが危ないと思っているのではないかと思います。

実際は、中国も韓国もロシアも日本を狙っているらしいんですが、私らの年代以上の人たちは、そういうことを知らないし思ってもいないと思います。

 

 

 

リベラル派の人達はとっても良い人達

話し合えばわかると思っているし、こちらが好意的に接すれば、あちらも敵視しなくなると思っている人達もいると思います。

私もリベラル派の人たちを知っていますが、実際人としては全員良い人達です

本当に良い人達で、お付き合いするには最高の人たちです。

相手を尊重できるし、思いやりや気遣い等が最高にできる人たちです。

人ってどこか相手も自分と同じと思うところがあるのでしょうか。

良い人は、相手を見るときもいい人として見るから、そんな見方になるのでしょうか。

 

 

 

戦争は絶対にいけない

だからでしょうか、戦争をすれば大勢の人たちが傷つくし、殺されるから絶対にしてはいけない、止めなければいけない、というところで思考停止になっている気がします。

九条があれば、他国は攻めてこないと思っているのでしょうか。

実際、北朝鮮がこれだけ挑発してきているのだから、九条は何の効き目もないというところに思考はいっていない気がします。

 

 

 

戦争と占領されるのどちらが被害が大きい?

リベラルの人たちが戦争はいけないという理由に、よく戦争になればたくさんの人たちが殺されるからという記事はよく目にしますが、中国やロシアや北朝鮮、韓国に占領されたらという話は見たことがありません。

こういうことを言うのは、きまって保守の人たちです。

リベラルの人たちは、絶対に今の日本は戦争を仕掛けられないと思っているのでしょうか?

もし、戦争を仕掛けられて日本を占領されたらどうなるかという、そこまで考えたくないか、考えてはいけないと思っている気がします。

戦争の被害と日本が戦争を放棄、または負けて占領されたらどちらの被害が大きいか、考えてほしいなぁと選挙戦真ただ中に思っています。

もしかしたら、九条があるから戦争は回避できると思っているのでしょうか?

 

 

日本の周囲の国、北朝鮮、韓国、中国、ロシアがどんな国か客観的に調べてほしいと思います。

 

日本の農業はすごいんです

寒くなってきました

10月も半ばになると、というより急に寒くなってきました。

仕事柄自然のものと接することが多いので、夏野菜で今まで引っ張っていたものが、だいぶダメになってきました。

もともと人よりなんでも遅いのに、今年は義母の様態が急に悪くなったり、通夜葬式等があってよけいにいろんなことが後手後手に回ったので、夏野菜今頃植えているの?というような状態でした。

それでも野菜は育ち、遅ればせながらでも出荷ができるようになりました。

その野菜も、もう終わりです。

 

 

 

天気に影響される農業

来月になれば、玉ねぎを植えなければなりません。

野菜や花を育てていると、温度や天気によってずいぶん変わります。

これからもっと寒くなって、霜が降りるようになると、寒さに弱い野菜は一晩でダメになってしまいます。

夏の暑いときより、暑くても雨の多い時期の方が、草の勢いがあります。

勿論野菜もです。

 

 

 

私の農業の先生

私の農業の先生は、「現代農業」という月刊誌です。

農業の専門誌です。

偉い先生がこういう方法がありますと伝授するのではなく、日本全国の一般の農家の人が編み出した方法を紹介しているものです。

月刊誌ですが、厚さ3センチ弱もある方です。

それにしてもよく毎月これだけの情報を、集めたなといつも感心しています。

 

 

 

普通の農業人が考えた方法

この本によって、微生物使用や不耕起栽培、できるだけ除草をしない方法、農薬を使わないで栽培する方法等は、すべてこの本から伝授したものです。

これらの方法は、すべて日本全国の一般の農家の人たちが編み出した方法です。

それを頭に入れて、読んでいると、日本人は猿真似しかできず、自分独自の物を作れないなどとさんざん外国人から言われ、自分たちも言っていたことが嘘ではないかと思えるほど、独創的です。

中には、化学肥料農薬、真っ盛りの時に何とか有機肥料でとか、無農薬でとか真剣に努力をしていた人もいました。

毎週見ているわけではないけれど、「鉄腕ダッシュ」という番組でも以前に農薬の代わりに半月に一回石灰を畑にまくという方法をやっていましたが、この方法もこの本が紹介した方法です。

 

 

 

偉い先生も読んでいるかも

この本に紹介された方法は、数年後に農業の偉い先生が自分が編み出したかのように紹介しているのをよく見かけます。

たぶん、その偉い先生も「現代農業」を読んでいて、これは良いと思うものを自分で何年かやってみて、いい結果が出たものを紹介しているのだと思います。

例えば、コンパニオンプランツ(混植)等と、立派な名前が付いていますが。これもこの本で紹介していたものです。

全く違う野菜同士を一緒に飢えて育てる方法です。

例えば、トマトとニラとか、ナスとパセリとか、ピーマンと落花生とか、混植をすることによって、病害虫を防ぎ、成長を促進します。

 

 

最近、偉い先生がもっともそうに紹介し得いるのを見ると、ついニヤニヤしてしまいます。

日本の農業人は、農業の偉い先生方が真似するくらい凄いんだって!(エッヘン)